2008年04月01日

住宅用火災警報器のしくみ

火災報知機の設置が義務化されると、各家庭が火災報知機を扱う事になります。
その時、それがどういったしくみの物か全くわからないまま適当に扱うと壊してしまう恐れがあります。
それ程高価ではないとはいえ、やはり数千円はする代物ですので、大事に扱いたいところですよね。
火災報知機設置の義務化が決定した今、報知機のしくみについてある程度知識を蓄えておきましょう。

住宅用火災警報器は基本的に、感知と警報音の鳴動を一つの商品で行います。
よって、複雑な配線は一切必要ありません。
コンセントから電気を供給するタイプは配線が必要ですが、家電と同じような扱いで取り付けができるので、特に困る事はないはずです。
電池タイプであれば無線で取り付けができます。

感知方法は主に煙と熱で、煙を感知するタイプは寝室に、熱を感知するタイプは台所に向いています。
というのも、台所には煙や水蒸気が日常的に発生する為、煙感知タイプだと火事でもないのに警報がなる可能性があるからです。
ちなみに、住宅用火災警報器には赤外線や紫外線を感知するタイプの物はほとんどありません。

警戒音も単独型と連動型に分かれています。
単独型は、煙や熱などを感知した報知機が警報を鳴らすのに対し、連動型は一つの感知器が感知すると、設置してある全ての感知器が警報を鳴らします。
後者はそれぞれの感知器を相互に配線する必要がありますが、どこにいても確実に火災の発生がわかるので、部屋数が多い、二階建て以上の家屋に向いています。

火災報知機の設置が義務化された事で色々と慌てる必要はありません。
これくらいの仕組みについて知っておけば、十分対応できます。


posted by mimi at 23:03| 火災報知機設置を購入する前に | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

火災報知機のタイプ

火災報知機設置の義務化に伴い、
火災報知機とはどういうものなのかという認識を
しっかりと身につける必要性が出てきました。
義務化される事で、それに対する説明が記載された書物や
ホームページも増えてきていますが、まだまだ一般人の目に
届く場所での情報公開は多くないので、
認識不足状態にあるというのが現状です。

とはいえ、いつまでもそのままではやはり問題があります。
自分の家の寝ずの番を行ってくれる火災報知機について、
ある程度把握しておきましょう。

火災報知機は、設置する場所によってタイプが異なります。
天井に設置するタイプと壁に設置するタイプです。
これらは、部屋のレイアウトはもちろん、設置のしやすさ、
検知範囲の面積や形状など、かなりの面で差異があるので、
設置する部屋にはどちらのタイプが向いているか予め把握し
ておきましょう。
一般住宅には、見栄えが良い天井設置タイプの方が需要が
高いとされています。

そして、感知する対象によっても種類が分かれます。
熱を感知するタイプ、煙を感知するタイプ、炎を感知する
タイプの三つが一般的ですね。

それぞれに特徴があり、どの火災報知機が良いというのは、
部屋の用途によってまったく違ってきます。
それに合った商品選びができるよう、
それぞれの特徴をしっかりと学んでおきましょう。

火災報知機設置の義務化によって、火災報知機に対する
注目度は大きく増して来ていますので、今後は既存には
なかったタイプの商品が続々開発されて行くことになるでしょう。
とは言っても、現在市場に出ているタイプがベースになること
は間違いないので、知っておいて損はないはずです。
posted by mimi at 23:01| 火災報知機の役割 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

セコム株式会社

日本における警備サービス会社で圧倒的な実績を持っているのが、
セコム株式会社です。
その知名度は他の警備会社の追随を許さず、
ミスターこと長嶋茂雄氏やヨン様ことペ・ヨンジュンなど
を起用したCMでもおなじみですよね。

火災報知機設置の義務化は、警備サービスの一環と言えます。
よって、火災報知機の設置が義務化されるということは、
必然的にセコムもその方面に力を注ぐ事になります。

セコムの開発した住宅用火災警報器は「ホーム火災センサー」
という名称で販売されています。
煙式と熱式の二タイプで、10年電池式、
音と赤色ランプでの警報と、しっかりとツボを押さえた
商品になっています。

しかし、最大の特徴はそれではありません。
なんといっても、警備業界最大手故の24時間サポート体制にあります。

セコムの売りは、圧倒的な従業員の数だからこそ可能な、
24時間サポートです。
いつ問題が発生しても、それに対して人員を割ける強みが、
この業界での圧倒的なシェアに繋がっていると言っても
過言ではありません。
それは火災報知機に関しても言え、製品に何か問題が
生じた場合は、しっかりと24時間体制でサポートしてくれます。
セコムの商品ならではの特典と言えるでしょう。

火災報知機の設置が義務化された事で、火災に関する様々な
トラブルのノウハウを持ったセコムの存在感も今以上に大きく
なってくるでしょう。
そうなると、セコムの火災警報器を持っているメリットは
更に増えるのではないでしょうか。
posted by mimi at 22:58| 火災報知機関連会社 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

火災報知機設置の義務化の目的

新築住宅においては2006年の6月から、
既存の住宅においては2008年6月以降から、
それぞれ火災報知機設置の義務化がなされます。
個人の住宅に対して警戒設備の義務を命じるというのは
初めての事かと思われます。

では、その火災報知機設置の義務化にはどういった目的が
あるのでしょうか。

まず、火災報知機の持つ役割については、ほとんどの方が
理解している通り、火事および火事に発展する可能性のあ
る状態をいち早く周囲の人間に知らせる為の警戒設備です。
これを設置する目的は、それと同じで、火事を未然に防ぐ事、
そして最悪でも人命は救えるよう避難を促す事にあります。

火災報知機の設置を義務化するという事は、
それらの強化という事になります。

そして、火事に対して今までよりも遥かに危機意識を持たせる
という意味もあります。
家に火災報知機があるという事が頭に入っていたら、
いたずらにアラームがならないよう今までより一層の
注意を持って家事や作業に取り組む事になるでしょう。
そういった、火事に対する注意の喚起という目的もあるのです。

火災報知機を必ず置かなければならない、というのは、
家庭の状況によっては負担になることも考えられます。
火災報知機自体は高価な物ではありませんが、
それでも日々の生活に苦労している人にとっては少なからず
身を削る事になります。
義務というのは強制です。
今後は、そういった人たちに対する配慮も、
しっかり確認しなければならないでしょう。
posted by mimi at 22:55| 火災報知機設置の義務化 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

火災報知機設置の義務化とその期間

火災報知機という物がこの世の中に存在している事は、大抵の人が知っているかと思われます。
ただ、その火災報知機が一般家庭にも設置されているという事は、これまではあまりなかった事です。

火災報知機の最大のメリットは、その建物のどこにいても、火災の危険が発生している事を瞬時に把握できることにあるので、ビルなどの何層にもなっている建物、部屋が何個もある建築物に付ける事でその恩恵を受ける事になるのだから、普通の一般住宅には必要ない物だというのがこれまでの考えでした。

しかし、その火災報知機の設置が義務化されるようになりました。
消防法の一部改正に伴い、2006年の6月から火災報知機の設置が義務付けられたのです。

ただ、これに関しては疑問に感じる人が大半でしょう。
というのも、もう既に義務化は始まっているというのに、自分や周りの家庭には火災報知機などおかれていない、という人が圧倒的に多いのではないでしょうか。

これには理由があります。
2006年の6月1日から条例として義務付けられているのは新築住宅に関してのみです。
よって、2006年6月以降に新築された住宅を購入した人であれば、その家には確実に火災報知機があるという事になりますが、それ以外の家庭にはまだ火災報知機がなくても問題はないのです。

既存住宅における火災報知機の義務化は、2008年の6月1日から行われます。
ただこの日から設置していなければならないというわけでもなく、猶予期間があり、2011年6月までの期間でその期日が決められるようになっています。

つまり、設置期間についてはまだこれからということです。
posted by mimi at 22:52| 火災報知機設置の義務化 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。