2008年04月01日

火災報知機のタイプ

火災報知機設置の義務化に伴い、
火災報知機とはどういうものなのかという認識を
しっかりと身につける必要性が出てきました。
義務化される事で、それに対する説明が記載された書物や
ホームページも増えてきていますが、まだまだ一般人の目に
届く場所での情報公開は多くないので、
認識不足状態にあるというのが現状です。

とはいえ、いつまでもそのままではやはり問題があります。
自分の家の寝ずの番を行ってくれる火災報知機について、
ある程度把握しておきましょう。

火災報知機は、設置する場所によってタイプが異なります。
天井に設置するタイプと壁に設置するタイプです。
これらは、部屋のレイアウトはもちろん、設置のしやすさ、
検知範囲の面積や形状など、かなりの面で差異があるので、
設置する部屋にはどちらのタイプが向いているか予め把握し
ておきましょう。
一般住宅には、見栄えが良い天井設置タイプの方が需要が
高いとされています。

そして、感知する対象によっても種類が分かれます。
熱を感知するタイプ、煙を感知するタイプ、炎を感知する
タイプの三つが一般的ですね。

それぞれに特徴があり、どの火災報知機が良いというのは、
部屋の用途によってまったく違ってきます。
それに合った商品選びができるよう、
それぞれの特徴をしっかりと学んでおきましょう。

火災報知機設置の義務化によって、火災報知機に対する
注目度は大きく増して来ていますので、今後は既存には
なかったタイプの商品が続々開発されて行くことになるでしょう。
とは言っても、現在市場に出ているタイプがベースになること
は間違いないので、知っておいて損はないはずです。


posted by mimi at 23:01| 火災報知機の役割 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。